Navigation

紛争

主要カテゴリ

おすすめの記事

アフガン難民受け入れを巡り割れるスイス

このコンテンツは 2021/08/25 アフガニスタンが再びイスラム主義勢力タリバンに制圧されたことを受け、スイスは同国への強制送還を停止するとともに、約200人のアフガン人に人道的査証(ビザ)を発給する。だが市民団体や左派からの強い要請の中、難民を大量に受け入れる予定はない。

おすすめの記事

イラン国内で米国の利益を代表するスイス

このコンテンツは 2021/08/18 1979年のイラン革命をきっかけとして、米国とイランは外交関係を断絶する。そこでスイスは両国の仲介とメッセンジャーの役割を買って出る。これが、スイスがイラン国内で米国の利益を保護するようになった発端だ。この利益代表としての役割は今日も続いている。

おすすめの記事

スイス武器輸出産業は「まだ」好調

このコンテンツは 2021/06/25 多くの産業が新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)の影響を受ける中、スイスの武器輸出産業は過去最高の売上を記録している。だが、輸出先には人権侵害の疑いがある国が多い。この状況を危惧した一部の市民らがイニシアチブ(国民発議)を提議したことを受け、連邦議会は武器輸出の規制強化を目指す。

おすすめの記事

韓国と北朝鮮の国境 スイス経由で越えよう!

このコンテンツは 2021/06/07 スイス人コレクター、ウリ・シグ氏のコレクション作品を展示した韓国と北朝鮮のアート展がベルン美術館で開催中だ。また、同美術館近くのスイスアルプス博物館では、北朝鮮国内で制作されたドキュメンタリー映画が上映されている。主役は、北朝鮮の社会主義リアリズムだ。

おすすめの記事

テロ取り締まりに警察の権限拡大は必要?スイスで6月国民投票

このコンテンツは 2021/05/13 スイスでは6月13日、既に議会で可決された改正テロ対策法の是非を巡り国民投票が行われる。反テロ法とも呼ばれる同法は国境を越えて議論を呼んでいる。賛成派は国民保護を強化できると期待し、反対派は人権侵害につながると主張する。

おすすめの記事

ミャンマーのデモ参加者、スイスの著名人が後ろ盾に

このコンテンツは 2021/04/18 2月のクーデターで国軍が権力を握ったミャンマーで抗議デモを行う市民を守ろうとスイスの著名人が名前を提供している。また、スイスの首都ベルンでは、スイス企業と国軍系のコングロマリット(複合企業)との関係の有無を連邦議会議員が問いただしている。

おすすめの記事

「抗議運動が続く限り、クーデターは成就したことにならない」

このコンテンツは 2021/04/01 国連事務総長特使としてミャンマーを担当するクリスティン・シュラーナー・ブルゲナー氏は、ミャンマーでクーデターを起こした国軍に、交渉を通じて分別をもたらしたいと語る。そうしなければ、人道的な危機や内戦の恐れが生じると危惧する。

おすすめの記事

分離離脱はご自由に ジュラ問題にみる自決権

このコンテンツは 2021/03/29 国からの分離を目指して独立運動を起こしても、国家権力の前では手も足も出せない、というのが現代の国民国家の様相だ。しかしスイスではジュラ州が穏便かつ民主的にベルン州からの独立を遂げた。その理由はスイスの特別な構造にあると、作家のアンドレアス・グロス氏は記す。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。