Navigation

直接民主制へ向かう

主要カテゴリ

おすすめの記事

イラン国内で米国の利益を代表するスイス

このコンテンツは 2021/08/18 1979年のイラン革命をきっかけとして、米国とイランは外交関係を断絶する。そこでスイスは両国の仲介とメッセンジャーの役割を買って出る。これが、スイスがイラン国内で米国の利益を保護するようになった発端だ。この利益代表としての役割は今日も続いている。

おすすめの記事

シリーズ

ソーシャルメディア規制 独自路線貫くスイス

このコンテンツは 2021/05/12 フェイクニュース、ヘイトスピーチ、陰謀論、検閲――。近年はSNSなど、ソーシャルメディア・プラットフォームが持つ力は大きくなりすぎたと専門家は言う。インターネットが再び民主主義の推進力となる方法はあるだろうか?スイスでは個人の判断力が頼りの綱だ。SNS規制を巡る現状を国際比較した。

おすすめの記事

分離離脱はご自由に ジュラ問題にみる自決権

このコンテンツは 2021/03/29 国からの分離を目指して独立運動を起こしても、国家権力の前では手も足も出せない、というのが現代の国民国家の様相だ。しかしスイスではジュラ州が穏便かつ民主的にベルン州からの独立を遂げた。その理由はスイスの特別な構造にあると、作家のアンドレアス・グロス氏は記す。

おすすめの記事

シリーズ

「表現の自由」は誰が規制すべきか?

このコンテンツは 2021/03/12 1月の米国連邦議事堂襲撃事件や、トランプ前米国大統領のアカウントがいくつかのSNSで凍結されたことを機に、巨大プラットフォーム企業による「表現の自由」の規制を巡る議論が巻き起こっている。米国、欧州、スイスは、この権利を誰がどう規制しているのだろうか?

おすすめの記事

スイスのデジタルID法 見切り発車か見直しか

このコンテンツは 2021/02/24 デジタルID(eID)は、官民を問わず様々なサービスへのアクセスを一本化しデジタル世界への扉を開く鍵として、かねてから導入が待たれている。しかし、スイス政府の提案するモデルは問題が多いとして、来月7日の国民投票で可否が問われることになった。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。