Navigation

国際都市ジュネーブ

主要カテゴリ

おすすめの記事

コロナワクチンの特許、一時停止すべき?ジュネーブを中心に議論

このコンテンツは 2021/04/15 新型コロナウイルスのワクチン技術の特許について、保護義務の一時的免除を要求する動きが広がっている。スイスなどの富裕国が抵抗する一方で、ワクチン獲得競争から取り残されている発展途上国はジュネーブの国連機関で圧力を強めている。

スイスのデジタルID拒否、ワクチンパスポートで変わる可能性も

このコンテンツは 2021/03/31 スイスのデジタルID(eID)導入は7日の国民投票で否決された。しかし、国連のエコノミスト、イアン・リチャーズ氏は、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を含む文書の電子化を有益だと考える国が増えれば、スイスの有権者の懸念は払拭されるかもしれないと主張する。

おすすめの記事

リベリア内戦の戦争犯罪、スイスがフィンランドの裁判から学べることは?

このコンテンツは 2021/03/05 リベリア反政府組織の元リーダーが現在、戦争犯罪の罪に問われスイスで公判中だ。歴史的な裁判として注目されたが、フィンランドでは類似の手続きがはるかに速いペースで進んだ。フィンランドの裁判所のやり方はどう違ったのか?スイスアプローチの方が効率的だったと言えるだろうか?

おすすめの記事

コロナ時代の多国間外交のあり方とは

このコンテンツは 2021/03/03 「国際都市ジュネーブ」は、シリア、リビア、イエメンなどの紛争国の和平交渉に参加する代表団の一部を、昨年3月以降も引き続き受け入れてきた。だが外交活動の多くがオンラインで行われるようになった今、このネット外交にはどれほどの価値があるのだろうか?

おすすめの記事

WTO新事務局長は国際貿易システムを改革する新風をもたらすか?

このコンテンツは 2021/02/16 世界貿易機関(WTO・本部ジュネーブ)の第7代事務局長に、ヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏(66)が選出された。初のアフリカ大陸出身者が次期事務局長に承認された。WTO改革の舵取り役を務める彼女には、どのような優先課題とチャレンジがあるのだろうか。

おすすめの記事

WHOが中国で新型コロナの起源調査を開始、組織の信頼回復なるか

このコンテンツは 2021/02/04 世界を震撼させた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大から1年経った今、世界保健機関(WHO)の調査団が隔離期間を終え、中国・武漢でウイルス起源の調査を開始した。これがグローバルヘルスとWHOの信頼性にどれほど重要な影響を及ぼすのかを検証した。

おすすめの記事

ワクチン接種レース、COVAXは貧困国への追い風となるか 

このコンテンツは 2021/02/04 世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルスのワクチン共同購入・分配の国際枠組み「コバックス(COVAX)」は、貧困国への新型コロナウイルス感染症のワクチン配布を今年第1四半期に開始する予定だと発表した。富裕国も自らワクチン確保に奔走する中、本当に全ての国に「公正で公平な」配布を保証できるのだろうか?

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。