Navigation

国際都市ジュネーブ

主要カテゴリ

おすすめの記事

イラン国内で米国の利益を代表するスイス

このコンテンツは 2021/08/18 1979年のイラン革命をきっかけとして、米国とイランは外交関係を断絶する。そこでスイスは両国の仲介とメッセンジャーの役割を買って出る。これが、スイスがイラン国内で米国の利益を保護するようになった発端だ。この利益代表としての役割は今日も続いている。

おすすめの記事

外交の色彩

このコンテンツは 2021/08/05 国際交渉を絵にするとしら、あなたは何色を選ぶ?外交官であり画家でもあるアルナサンさんが人権理事会を描くのに手に取った絵の具の色は黄色だ。彼女の油彩画の個展が開かれている世界知的所有権機関館内にはこの色が際立って映える。国際都市ジュネーブの今の雰囲気を描写したというこれらの作品は、外交とアートを...

おすすめの記事

WTOは乱獲につながる漁業補助金を止め、海洋環境を守ることができるのか?

このコンテンツは 2021/07/15 海洋水産資源が深刻に枯渇しているにもかかわらず、漁業を続けるため、政府は毎年数十億ドルを自国の水産業に支払う。世界貿易機関の164カ国・地域の加盟国は、魚の乱獲の要因となっている漁業補助金を禁止し、環境保全に取り組むことができるのだろうか。

おすすめの記事

国連人権理事会は必須?それとも根本的に欠陥あり?

このコンテンツは 2021/07/05 国連人権理事会が13日まで、ジュネーブで開かれている。同理事会は米中対立に巻き込まれる一方で、途上国からはたびたび不当な人権侵害の標的になっていると批判される。理事会の機能や実績、現在行われている改革の訴えにスポットを当てた。

バイデン・プーチン会談、サイバー攻撃を巡る緊張緩和なるか?

このコンテンツは 2021/06/16 米ITインフラ管理ソフトウエア大手、米パイプライン大手、食肉生産大手へのサイバー攻撃が起こったのは最近のこと。しかし、ジュネーブで行われるバイデン米大統領とロシアのプーチン大統領の首脳会談で、サイバー問題に関する協議には楽観的な見方をする余地が十分にある。両国間のサイバー問題に関する緊張は完全...

おすすめの記事

米ロ首脳会談、利害一致の分野で協調姿勢

このコンテンツは 2021/06/16 16日、米国のジョー・バイデン大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領の歴史的な首脳会談が行われる。両国の関係は冷戦後最悪とされるが、なぜ直接会談が行われるのか。そして双方の思惑は?ジュネーブ在住の米国人政治アナリストとロシア人ジャーナリストに話を聞いた。

おすすめの記事

パンデミック条約締結と資金調達力強化が必要 WHO総会が閉幕

このコンテンツは 2021/06/03 世界保健機関(WHO)の年次総会は31日、感染症のパンデミックへの備えを強化するための国際条約を検討することで合意し、閉会した。ただジュネーブ大学保健分野の専門家フラオー氏は、WHOが予算改革を断行し、将来の感染症対策に適切なリソースを確保することも急務だと指摘する。

おすすめの記事

WHOの情報共有、パンデミックで抜本的改革に向け準備

このコンテンツは 2021/05/23 新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、世界保健機関(WHO)の有用性と重要性に疑問を投げかけた。WHOの改革は、24日から6月1日までジュネーブで開催される世界保健総会の議題。中でも改善が必要とされる分野の1つは、感染症初期における情報共有の効率化だ。

おすすめの記事

長期化するパンデミック より厳しい国際的な保健ルールが必要か?

このコンテンツは 2021/05/22 ほとんどの国で新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に対する準備ができておらず、世界保健機関(WHO)の勧告も散発的にしか実施されていない。このウイルスが流行を繰り返す危険性がある中、国際的な保健政策は今後どうあるべきなのだろうか?一部の世界のリーダーやWHOは、「パンデミック...

おすすめの記事

パンデミックへの多国間対応、WHO国際保健規則は実施に限界

このコンテンツは 2021/05/22 24日からジュネーブで開催される世界保健機関(WHO)の年次総会では、旅行の規制やマスク着用の規定などWHOが与える助言の基盤となる「国際保健規則」について話し合われる。公衆衛生の専門家で元WHO事務局長補代理の福田敬二氏がswissinfo.chとのインタビューに応じ、同規則が有益に機能して...

おすすめの記事

気候変動の研究から教訓は得られたのか?

このコンテンツは 2021/05/21 科学者は何年も前から、気候変動がこのまま進行すれば人類には多くの存続の危機が訪れると警告してきた。しかし世界の指導者たちは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に直面するまで、その脅威が現実のものであり、危機に対応する準備ができていないことに気がつかなかった。だが今後、何かが変わるの...

実効力のあるパンデミック条約を

このコンテンツは 2021/05/20 多くの死者を出している新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界を襲ってから1年以上が経過した。当初は何が起こるのかよく分かっていなかったかもしれない。だがそうだとしても、もっと備えておくべきだった。新たな「パンデミック条約」は、私たちが将来同じ過ちを繰り返すことを防げるだろうか。

おすすめの記事

大きすぎる?ビル・ゲイツのWHOへの影響力

このコンテンツは 2021/05/18 24日にスイスで始まる予定の世界保健機関(WHO)年次総会は、改革の要求に直面することになるだろう。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、WHOの財政基盤の弱さを浮き彫りにした。主要課題の1つが、WHOの資金調達方法と、WHOの2番目に大きいドナーであるビル&メリンダ・ゲイツ財団...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。