Navigation

事件

主要カテゴリ

おすすめの記事

私たちの「現実」に忍び込むディープフェイク

このコンテンツは 2021/08/27 アプリの登場により、一般市民でも容易に映像を操作し、極めて精巧なフェイク動画が作れるようになった。このようなディープフェイク技術は、世論に影響を与えたり、偽の情報を広めたりするために悪用される。スイスを代表する2人の専門家が、人の目を欺くことが容易になった背景を説明する。

おすすめの記事

アフガン難民受け入れを巡り割れるスイス

このコンテンツは 2021/08/25 アフガニスタンが再びイスラム主義勢力タリバンに制圧されたことを受け、スイスは同国への強制送還を停止するとともに、約200人のアフガン人に人道的査証(ビザ)を発給する。だが市民団体や左派からの強い要請の中、難民を大量に受け入れる予定はない。

おすすめの記事

イラン国内で米国の利益を代表するスイス

このコンテンツは 2021/08/18 1979年のイラン革命をきっかけとして、米国とイランは外交関係を断絶する。そこでスイスは両国の仲介とメッセンジャーの役割を買って出る。これが、スイスがイラン国内で米国の利益を保護するようになった発端だ。この利益代表としての役割は今日も続いている。

おすすめの記事

パンデミックへの多国間対応、WHO国際保健規則は実施に限界

このコンテンツは 2021/05/22 24日からジュネーブで開催される世界保健機関(WHO)の年次総会では、旅行の規制やマスク着用の規定などWHOが与える助言の基盤となる「国際保健規則」について話し合われる。公衆衛生の専門家で元WHO事務局長補代理の福田敬二氏がswissinfo.chとのインタビューに応じ、同規則が有益に機能して...

実効力のあるパンデミック条約を

このコンテンツは 2021/05/20 多くの死者を出している新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界を襲ってから1年以上が経過した。当初は何が起こるのかよく分かっていなかったかもしれない。だがそうだとしても、もっと備えておくべきだった。新たな「パンデミック条約」は、私たちが将来同じ過ちを繰り返すことを防げるだろうか。

おすすめの記事

テロ取り締まりに警察の権限拡大は必要?スイスで6月国民投票

このコンテンツは 2021/05/13 スイスでは6月13日、既に議会で可決された改正テロ対策法の是非を巡り国民投票が行われる。反テロ法とも呼ばれる同法は国境を越えて議論を呼んでいる。賛成派は国民保護を強化できると期待し、反対派は人権侵害につながると主張する。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。