Navigation

スイス製

主要カテゴリ

おすすめの記事

カナダ人化学者、スイスで廃プラスチックのリサイクル新技術開発

このコンテンツは 2021/04/21 プラスチックごみをリサイクルするための新たな技術革新が勢いを増している。メーカーの貢献と消費者意識の高まりが追い風となり、スイスでは十数社の新興企業がこの分野に投資。カナダ人研究者サマンサ・アンダーソン氏がヴァレー(ヴァリス)州で立ち上げた企業もその1つだ。

おすすめの記事

開発から20年 スイス発の雪上ボディーボード、バックカントリーと国外に活路か

このコンテンツは 2021/02/28 スイス発祥の「エアボード」は20年前、新たなウインタースポーツ用品として輝かしいスタートを切った。だがじわりと浸透を続ける日本とは対照的に、スイスでは今や下火の存在に。それでも開発者は、商機はあると強気だ。

おすすめの記事

ソーラー・インパルス、第二の人生は軍事関連プロジェクトへ

このコンテンツは 2021/01/04 クリーンな次世代航空機として世界に発表された電動飛行機、ソーラー・インパルスが昨年、あるスタートアップ企業に売却された。その技術は特に、軍事分野で使われる偵察用ドローンの開発に利用されるという。スイス公共放送(RTS)の調査で明らかになった。

おすすめの記事

記者が一日時計職人 オリジナル腕時計作りに挑戦

このコンテンツは 2020/08/26 腕時計を自分の手で組み立て、1日の終わりには自分だけの時計を持って帰る。このような体験講座を、スイス西部ジュラ州の新興企業イニシウムは、スイス国内外の時計愛好家に提案する。同社のコンセプトに惹きつけられ、多くのライバル企業が現れた。swissinfo.chの記者がイニシウムで腕時計作りに挑戦した。

おすすめの記事

スイスの時計産業の最新動向

このコンテンツは 2020/07/30 新型コロナウイルス危機で大きな影響を受けたスイスの時計産業。だが、この業界がスイスの技術力や「スイス製」精密工業製品のシンボルであることに変わりはない。スイス製腕時計は高級腕時計の分野で支配的地位を守れるのか。アップルのような企業に対抗できるのか。世界の隅々まで製品を輸出するスイスの時計産業に...

おすすめの記事

COVID-19はバイオテクノロジーへの脅威とチャンス

このコンテンツは 2020/05/07 新型コロナウイルスのパンデミックは、スイスのバイオテクノロジー業界がスポットライトを浴びる絶好のチャンスだ。その一方で、多くの中小企業は生き残りに苦戦している。業界が抱える問題、治療薬とワクチン開発への取り組みについて、スイスバイオテク協会のトップに話を聞いた。

おすすめの記事

スイスの高い物価、どうしたら引き下げられる?

このコンテンツは 2020/04/10 依然として「高物価の島」のスイスでは、より物価の安い隣国へ国境を越えて買い物に行く「ショッピングツーリズム」をする倹約家が跡を絶たない。非常に高い物価やショッピングツーリズムの悪影響を懸念する政治家や消費者団体が政府に対策を要求している。

おすすめの記事

スイス製時計が世界で生き残るには?

このコンテンツは 2020/02/13 苦境に立たされている時計見本市「バーゼルワールド」。現状を打破するため、スイスの時計製造業界は自己のノウハウを紹介する新しいプラットフォームを必要としている。ただ各企業の足並みはそろわず、専門家は企業間の協調的な取り組みが必要だと指摘する。

おすすめの記事

レダラッハ不買運動、SWISSが提携解消

このコンテンツは 2020/02/03 スイスインターナショナルエアラインズ(SWISS)は、過去10年間に一部の搭乗者へ配っていたスイスの老舗チョコレートブランド「レダラッハ」のチョコ入りボックスについて、4月中旬からこれを取りやめる。マイノリティ団体によるレダラッハの不買運動が影響したとみられる。

おすすめの記事

スイス老舗チョコ「レダラッハ」にボイコット なぜ?

このコンテンツは 2020/01/26 スイスのチョコレートブランド「レダラッハ」創業者一族が、同性婚や中絶の権利に反対する活動を支援しているとして、LGBTQ団体などがレダラッハの不買運動を続けている。ヨハネス・レダラッハ最高経営責任者(CEO)が、ドイツ語圏の日曜紙に、自身は「女性差別主義者ではない」が「異なる意見を持つ」と反論した。

おすすめの記事

世界最高峰のスイス製リコーダー

このコンテンツは 2019/12/25 世界最高峰のリコーダーを世に送り出すスイスのメーカー「マイヤーリコーダーズ」は家族経営の会社だ。若い経営者のジョエル・マイヤーさんとセバスティアン・マイヤーさん兄弟、リコーダー奏者マドレーヌ・インベックさんの3人はなぜ、ともすれば軽視されがちなリコーダーという楽器作りの道を選んだのだろうか。

おすすめの記事

スイス時計業界のタブー破るスタートアップ企業

このコンテンツは 2019/12/18 クラウドファンディングのプラットフォームでは、毎週のように新興の時計ブランドが登場しては消えていく。そんな中、一握りだが成功を収めるブランドもある。ローザンヌ拠点のCode41というブランドもその一つだ。同社はコストや生産地に関する情報を徹底的に透明化することで、熱狂的な支援者のコミュニティー...

おすすめの記事

イタリア語圏キアッソのカルチャーアイランド(その1)

このコンテンツは 2019/12/15 スイス南部のイタリア語圏にある、国境の町キアッソ。1930年代に建てられた劇場や自動車整備工場だった建物の改装を終え、2005年に文化発信拠点として新しくスタートした。「カルチャーアイランド」と名付けられたこの場所はどのように生まれ、どのような役割を担っていくのか。

おすすめの記事

スイスのスタートアップが蓄電技術に革命

このコンテンツは 2019/12/09 発想自体は平凡だが、たどり着くのは容易ではなかった。再生可能エネルギーを使い、クレーンでロープの先のコンクリートブロックを引き上げ、必要に応じてまた引き下げて発電する。スイス南部・ティチーノ州のスタートアップ企業「エナジー・ボールト」は、エネルギーを貯蔵する革命的な手法を発明した。

おすすめの記事

スイス老舗時計メーカー「ミリス」、再生のカギは?

このコンテンツは 2019/12/04 時計ブランドの歴史は、いつも大河のように悠然と流れるわけではない。1919年創業の時計メーカー「ミリス(Milus)」は、2003年に中国の投資家によって買収されたが、その後、経営難に陥った。しかし、新社長のリュック・ティソさんは、ミリスの歴史に着想を得ながら、新しい体制で再建に乗り出した。

おすすめの記事

「水面を歩く」湖上遊歩道 ラッパースヴィール~フルデン(その3)

このコンテンツは 2019/12/01 2001年4月、チューリヒ湖畔にある薔薇の町ラッパースヴィールと、対岸の村フルデンをつなぐ木製の橋が改修工事を終えた。ドイツからアインジーデルンへと向かうヤコブ巡礼道の一部として広く知られたこの遊歩道の全長は841メートル。木製の橋としてはスイス最長を誇る。...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。