Navigation

文化

主要カテゴリ

おすすめの記事

成熟するアニメ映画 欧米にも広がる大人向け作品

このコンテンツは 2021/09/13 ハリウッドでアニメーション映画といえば、愉快な娯楽作品が中心だ。一方、アジアや欧州の制作会社は、アニメという媒体を使ってシリアスで複雑なテーマを描こうとしている。子供向けアニメも同様だ。変容するアニメ業界について、アニメ作家と映画監督に話を聞いた。

おすすめの記事

アイガー東山稜の初登攀から100年 なお鮮やかな槇有恒の軌跡

このコンテンツは 2021/09/10 今から100年前、1人の小柄な日本人登山家、槇有恒(まきゆうこう)が山岳ガイド3人と共に、ミッテルレギ稜と呼ばれるアイガーの東山稜を初登攀(とうはん)した。その3年後には槇の寄付を元に、東山稜に山小屋が建設された。そのミッテルレギ小屋は増改築を重ねながら、現在も多くの登山家に利用されている。

おすすめの記事

スイス最古のコレクションから生まれる未来の博物館

このコンテンツは 2021/09/08 ジュネーブ美術・歴史博物館のディレクターを務めるウォーラー氏は、想像力豊かなキュレーターであり美術評論家でもある。博物館の四方の壁を超える大胆な試みについて、そして未来の博物館像がなぜアフリカやアジアから生まれると考えるのかを語る。

おすすめの記事

私たちの「現実」に忍び込むディープフェイク

このコンテンツは 2021/08/27 アプリの登場により、一般市民でも容易に映像を操作し、極めて精巧なフェイク動画が作れるようになった。このようなディープフェイク技術は、世論に影響を与えたり、偽の情報を広めたりするために悪用される。スイスを代表する2人の専門家が、人の目を欺くことが容易になった背景を説明する。

おすすめの記事

イラン国内で米国の利益を代表するスイス

このコンテンツは 2021/08/18 1979年のイラン革命をきっかけとして、米国とイランは外交関係を断絶する。そこでスイスは両国の仲介とメッセンジャーの役割を買って出る。これが、スイスがイラン国内で米国の利益を保護するようになった発端だ。この利益代表としての役割は今日も続いている。

おすすめの記事

外交の色彩

このコンテンツは 2021/08/05 国際交渉を絵にするとしら、あなたは何色を選ぶ?外交官であり画家でもあるアルナサンさんが人権理事会を描くのに手に取った絵の具の色は黄色だ。彼女の油彩画の個展が開かれている世界知的所有権機関館内にはこの色が際立って映える。国際都市ジュネーブの今の雰囲気を描写したというこれらの作品は、外交とアートを...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。