Navigation

Thomas Stephens

専門分野:欧州政治、言語、映画。 イニシャル:ts

ロンドン出身。英インディペンデント紙勤務を経て、2005年にスイス・ベルンに移住。スイスの公用語3つを話す。時間を見つけては国内を旅し、パブやレストラン、ジェラート屋でその語学力を発揮している。

英語編集部

おすすめの記事

ココ・シャネルが亡命したスイス

このコンテンツは 2021/01/10 「シャネル」の生みの親でナチスのエージェントでもあったフランス人デザイナー、ガブリエル・「ココ」・シャネルが死去して10日で50年が経つ。第二次世界大戦後、シャネルはフランスの訴追を逃れ、スイスに約10年滞在した。亡骸はスイス・ローザンヌの墓地に眠る。

おすすめの記事

米議事堂混乱は「不穏、衝撃的、歴史的」 スイス紙の反応

このコンテンツは 2021/01/07 米ワシントンで6日、トランプ米大統領支持者が連邦議会議事堂に乱入した前代未聞の事件について、スイス紙は米国の民主主義にとって悪夢だと報じた。ある日刊紙はトランプ氏に「手錠をかけて」ホワイトハウスから連れ出すべきだと批判した。

おすすめの記事

コロナ後のスイス映画館 待ち受けるのはハッピーエンド?

このコンテンツは 2020/06/03 コロナ規制が緩和されても、スイスの映画館の経営者は、営業を再開すべきなのか?どの作品を上映すべきか?実際に観客は戻ってくるのか?と思いを巡らせている。全ての映画館や劇場が閉鎖された3月16日以来、映画産業が直面している心の揺れを、ある映画館オーナーが語った。

おすすめの記事

全国民がマスクを着けるべきか スイスで議論

このコンテンツは 2020/04/06 新型コロナウイルス感染拡大防止に、全国民はマスクを着けるべき――?「いいえ」とスイス政府と世界保健機関(WHO)が答える一方で、一部の欧州政府とスイスの政治家の間ではマスクを支持する声が高まっている。swissinfo.chの読者の間でも、その答えは二分している。

おすすめの記事

スイス史上最悪の航空機爆破事件から50年

このコンテンツは 2020/02/21 1970年2月21日、スイス・チューリヒ発イスラエル・テルアビブ行きのスイス航空330便が離陸直後に墜落し、乗客38人と乗員9人全員が犠牲になったスイス史上最悪の飛行機爆破テロ事件から今年で50年が経つ。容疑者が法廷で裁かれることもないまま、捜査は打ち切られた。

おすすめの記事

スイス老舗チョコ「レダラッハ」にボイコット なぜ?

このコンテンツは 2020/01/26 スイスのチョコレートブランド「レダラッハ」創業者一族が、同性婚や中絶の権利に反対する活動を支援しているとして、LGBTQ団体などがレダラッハの不買運動を続けている。ヨハネス・レダラッハ最高経営責任者(CEO)が、ドイツ語圏の日曜紙に、自身は「女性差別主義者ではない」が「異なる意見を持つ」と反論した。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。