Navigation

Samuel Jaberg

主な担当分野:スイス政治、産業、時計製造、労働市場、越境労働者、瑞仏関係。イニシャル:sj

記者およびswissinfo.chのスイス国語編集部副編集長(ドイツ語、フランス語、イタリア語)。以前は文字多重放送やフランス語圏のスイス公共放送(rts.ch)に従事。

フランス語編集部

おすすめの記事

カナダ人化学者、スイスで廃プラスチックのリサイクル新技術開発

このコンテンツは 2021/04/21 プラスチックごみをリサイクルするための新たな技術革新が勢いを増している。メーカーの貢献と消費者意識の高まりが追い風となり、スイスでは十数社の新興企業がこの分野に投資。カナダ人研究者サマンサ・アンダーソン氏がヴァレー(ヴァリス)州で立ち上げた企業もその1つだ。

おすすめの記事

ブルカ着用禁止、ミナレット新設禁止ほどの反響無し

このコンテンツは 2021/03/18 公共の場で顔を覆うベールなどの着用禁止を求めた「ブルカイニシアチブ(国民発議)」が7日、スイスの国民投票で可決され、先週は世界中のメディアから大きな反響があった。全体として事実に基づく論調が多かったが、一部のメディアは今回の決定を「イスラモフォビア(イスラム嫌悪)」と表現して批判した。

おすすめの記事

記者が一日時計職人 オリジナル腕時計作りに挑戦

このコンテンツは 2020/08/26 腕時計を自分の手で組み立て、1日の終わりには自分だけの時計を持って帰る。このような体験講座を、スイス西部ジュラ州の新興企業イニシウムは、スイス国内外の時計愛好家に提案する。同社のコンセプトに惹きつけられ、多くのライバル企業が現れた。swissinfo.chの記者がイニシウムで腕時計作りに挑戦した。

おすすめの記事

スイスの時計産業の最新動向

このコンテンツは 2020/07/30 新型コロナウイルス危機で大きな影響を受けたスイスの時計産業。だが、この業界がスイスの技術力や「スイス製」精密工業製品のシンボルであることに変わりはない。スイス製腕時計は高級腕時計の分野で支配的地位を守れるのか。アップルのような企業に対抗できるのか。世界の隅々まで製品を輸出するスイスの時計産業に...

おすすめの記事

スイスで目覚めたフランス人の新型肺炎患者

このコンテンツは 2020/05/14 3月、新型コロナウイルスの波が欧州を襲った時、フランスの病院の受け入れ能力は限界に達した。でも隣国スイスにはまだ余力があった。スイスは仏国境の病院から、新型コロナウイルス感染症患者の受け入れに同意し、これまでに49人の患者がスイスの病院で手当てを受けた。ジャン・ポール・マルタンさんはそのうちの...

おすすめの記事

スイス製時計が世界で生き残るには?

このコンテンツは 2020/02/13 苦境に立たされている時計見本市「バーゼルワールド」。現状を打破するため、スイスの時計製造業界は自己のノウハウを紹介する新しいプラットフォームを必要としている。ただ各企業の足並みはそろわず、専門家は企業間の協調的な取り組みが必要だと指摘する。

おすすめの記事

スイス時計業界のタブー破るスタートアップ企業

このコンテンツは 2019/12/18 クラウドファンディングのプラットフォームでは、毎週のように新興の時計ブランドが登場しては消えていく。そんな中、一握りだが成功を収めるブランドもある。ローザンヌ拠点のCode41というブランドもその一つだ。同社はコストや生産地に関する情報を徹底的に透明化することで、熱狂的な支援者のコミュニティー...

おすすめの記事

スイス老舗時計メーカー「ミリス」、再生のカギは?

このコンテンツは 2019/12/04 時計ブランドの歴史は、いつも大河のように悠然と流れるわけではない。1919年創業の時計メーカー「ミリス(Milus)」は、2003年に中国の投資家によって買収されたが、その後、経営難に陥った。しかし、新社長のリュック・ティソさんは、ミリスの歴史に着想を得ながら、新しい体制で再建に乗り出した。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。