Navigation

Katy Romy

関心テーマ:連邦政治、社会問題、移民、映画、ソーシャルメディア。 イニシャル:kr

ベルン在住記者。社会問題、政治、ソーシャルメディアに関心を寄せる。以前はジャーナル・デュ・ジュラ紙、ラジオ・ジュラ・ベルノワなど地方メディアの編集部に勤務。

フランス語編集部

おすすめの記事

スイス武器輸出産業は「まだ」好調

このコンテンツは 2021/06/25 多くの産業が新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)の影響を受ける中、スイスの武器輸出産業は過去最高の売上を記録している。だが、輸出先には人権侵害の疑いがある国が多い。この状況を危惧した一部の市民らがイニシアチブ(国民発議)を提議したことを受け、連邦議会は武器輸出の規制強化を目指す。

おすすめの記事

スイスの改正CO2法、僅差で否決 2021年6月国民投票

このコンテンツは 2021/06/13 スイスで13日、国民投票が行われた。国の温室効果ガス排出量削減計画を定めた改正法は51.6%の反対で否決された。化学合成農薬の全面禁止など農薬関連のイニシアチブ(国民発議)2件はいずれも否決、改正テロ対策法、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)中に策定され...

おすすめの記事

テロ取り締まりに警察の権限拡大は必要?スイスで6月国民投票

このコンテンツは 2021/05/13 スイスでは6月13日、既に議会で可決された改正テロ対策法の是非を巡り国民投票が行われる。反テロ法とも呼ばれる同法は国境を越えて議論を呼んでいる。賛成派は国民保護を強化できると期待し、反対派は人権侵害につながると主張する。

おすすめの記事

ブルカ着用禁止、ミナレット新設禁止ほどの反響無し

このコンテンツは 2021/03/18 公共の場で顔を覆うベールなどの着用禁止を求めた「ブルカイニシアチブ(国民発議)」が7日、スイスの国民投票で可決され、先週は世界中のメディアから大きな反響があった。全体として事実に基づく論調が多かったが、一部のメディアは今回の決定を「イスラモフォビア(イスラム嫌悪)」と表現して批判した。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。