Navigation

Julia Crawford

専門分野:外交、人権、移行期正義。 イニシャル:jc

世界の様々な場所を旅してきた英国出身記者。ラジオおよび活字媒体に従事してきた経験を持つ。担当分野はアフリカ情勢、移行期正義。

英語編集部

おすすめの記事

国連人権理事会は必須?それとも根本的に欠陥あり?

このコンテンツは 2021/07/05 国連人権理事会が13日まで、ジュネーブで開かれている。同理事会は米中対立に巻き込まれる一方で、途上国からはたびたび不当な人権侵害の標的になっていると批判される。理事会の機能や実績、現在行われている改革の訴えにスポットを当てた。

おすすめの記事

大きすぎる?ビル・ゲイツのWHOへの影響力

このコンテンツは 2021/05/18 24日にスイスで始まる予定の世界保健機関(WHO)年次総会は、改革の要求に直面することになるだろう。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は、WHOの財政基盤の弱さを浮き彫りにした。主要課題の1つが、WHOの資金調達方法と、WHOの2番目に大きいドナーであるビル&メリンダ・ゲイツ財団...

おすすめの記事

リベリア内戦の戦争犯罪、スイスがフィンランドの裁判から学べることは?

このコンテンツは 2021/03/05 リベリア反政府組織の元リーダーが現在、戦争犯罪の罪に問われスイスで公判中だ。歴史的な裁判として注目されたが、フィンランドでは類似の手続きがはるかに速いペースで進んだ。フィンランドの裁判所のやり方はどう違ったのか?スイスアプローチの方が効率的だったと言えるだろうか?

おすすめの記事

WHOが中国で新型コロナの起源調査を開始、組織の信頼回復なるか

このコンテンツは 2021/02/04 世界を震撼させた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大から1年経った今、世界保健機関(WHO)の調査団が隔離期間を終え、中国・武漢でウイルス起源の調査を開始した。これがグローバルヘルスとWHOの信頼性にどれほど重要な影響を及ぼすのかを検証した。

おすすめの記事

ワクチン接種レース、COVAXは貧困国への追い風となるか 

このコンテンツは 2021/02/04 世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルスのワクチン共同購入・分配の国際枠組み「コバックス(COVAX)」は、貧困国への新型コロナウイルス感染症のワクチン配布を今年第1四半期に開始する予定だと発表した。富裕国も自らワクチン確保に奔走する中、本当に全ての国に「公正で公平な」配布を保証できるのだろうか?

おすすめの記事

対イラン人道貿易協定、コロナ禍で実施に遅れ

このコンテンツは 2020/08/07 国交を断絶した米国・イランの仲介役を務めるスイスは、米国の対イラン経済制裁に抵触することなく、スイス企業が医薬品やその他の人道支援物資をイランに届ける仕組みを実現させた。しかし、コロナ禍で実施が遅れている。協定がどれほどイランの人々の助けになるのかは未知数だ。

おすすめの記事

WTO次期事務局長は誰に?グローバルな課題へのスイスの視点

このコンテンツは 2020/07/25 史上最大の危機に直面している世界貿易機関(WTO、本部ジュネーブ)は、新たな指導者を必要としている。スイスは次期事務局長に、コンセンサスを構築し改革を推進できる人物を期待していると、スイスのディディエ・シャンボヴェーWTO大使は話す。

おすすめの記事

戦争犯罪容疑者を裁く スイスで期待高まる

このコンテンツは 2020/04/03 非軍事裁判所におけるスイス初の戦争犯罪裁判が年内に行われる見込みだ。スイスの人権NGO(非政府組織)トライアル・インターナショナルによると、国際法上の重大犯罪について発生地や加害者の国籍に関係なく自国で裁く「普遍的管轄権」を行使する裁判が世界中で増えている。スイスでも同様の事件が複数捜査中だが...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。