Navigation

Carlo Pisani

専門分野:科学、文化、環境。 イニシャル:cp

イタリア出身で、子供時代をアフリカで過ごした映像制作者。今はスイスを故郷と感じる。イタリア国立映画学校で映画監督を学び、ベルリンとウィーンでドキュメンタリー編集者および監督・プロデューサーとして活躍。マルチメディアを用いた魅力的な物語を制作している。

Multimedia

おすすめの記事

グランドホテル・ロカルノ―すべてが始まった場所

このコンテンツは 2021/08/04 ロカルノ映画祭の歴史を刻んできたホテル、アルベルゴ・ロカルノが閉鎖されてから15年。その門が一時的に開かれた。同映画祭の元アーティスティックディレクター、現在はシネマテーク・スイスのディレクターを務めるフレデリック・メール氏と共に、映画祭と歩んできたこのホテルの過去を振り返った。

おすすめの記事

ローザンヌ国際バレエコンクール、オンライン開催はダンサーにとってマイナス?

このコンテンツは 2021/02/04 スイス西部ローザンヌで2月1日、第49回ローザンヌ国際バレエコンクールの審査が始まった。新型コロナウイルス感染症防止対策により、今年はオンラインでビデオ動画を審査するeコンクールとなった。どのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。

おすすめの記事

コヨ・クオ「アートは滑らかな表面にではなく、ひび割れの中に」

このコンテンツは 2020/11/24 スイスとカメルーンの国籍を持つキュレーターのコヨ・クオさんが、スイス連邦内務省文化局のメレット・オッペンハイム賞を受賞した。現在は南アフリカのケープタウンに暮らし、世界最大の現代アートコレクションを有するツァイツ・アフリカ現代美術館(MOCAA)の館長を務めるクオさんに話を聞いた。

おすすめの記事

スイス人船員のアマチュア映像 チューリヒ の美術展に影響

このコンテンツは 2020/03/30 活発な商船業と言うとスイスのような内陸国にはそぐわないように思えるかもしれないが、実は公海を運行する船団がある。1960年代にスイス人船員たちが撮影した映像が発見されたことをきっかけに、海に関連する現代社会の緊急課題を扱う展覧会がチューリヒで開催されることとなった。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。