Navigation

上原 亜紀子

イニシャル:au

横浜市出身。1999年からスイス在住。ジュネーブの大学院で国際関係論の修士号を取得。2001年から2016年まで、国連欧州本部にある朝日新聞ジュネーブ支局に勤務し、国際機関やスイスのニュースを担当。2015年から2016年まで、スイスとリヒテンシュタインの外国人記者協会の事務局長を務めた。2016年からswissinfo.chの日本語編集部編集長。

日本語編集部

おすすめの記事

WHOの情報共有、パンデミックで抜本的改革に向け準備

このコンテンツは 2021/05/23 新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、世界保健機関(WHO)の有用性と重要性に疑問を投げかけた。WHOの改革は、24日から6月1日までジュネーブで開催される世界保健総会の議題。中でも改善が必要とされる分野の1つは、感染症初期における情報共有の効率化だ。

おすすめの記事

長期化するパンデミック より厳しい国際的な保健ルールが必要か?

このコンテンツは 2021/05/22 ほとんどの国で新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)に対する準備ができておらず、世界保健機関(WHO)の勧告も散発的にしか実施されていない。このウイルスが流行を繰り返す危険性がある中、国際的な保健政策は今後どうあるべきなのだろうか?一部の世界のリーダーやWHOは、「パンデミック...

おすすめの記事

パンデミックへの多国間対応、WHO国際保健規則は実施に限界

このコンテンツは 2021/05/22 24日からジュネーブで開催される世界保健機関(WHO)の年次総会では、旅行の規制やマスク着用の規定などWHOが与える助言の基盤となる「国際保健規則」について話し合われる。公衆衛生の専門家で元WHO事務局長補代理の福田敬二氏がswissinfo.chとのインタビューに応じ、同規則が有益に機能して...

おすすめの記事

ローザンヌ国際バレエ eコンクール決勝、男子が快挙

このコンテンツは 2021/02/06 6日、ローザンヌで第49回国際バレエコンクールの結果が発表された。6つの賞のうち5つに男子が入賞し、トップ3を男子が占めた。優勝者は、ポルトガル出身のアントニオ・カサリーノさん(17)。日本人では千葉県出身の淵山隼平さん(18)が5位に入賞した。

おすすめの記事

ローザンヌ国際バレエコンクール、オンライン開催はダンサーにとってマイナス?

このコンテンツは 2021/02/04 スイス西部ローザンヌで2月1日、第49回ローザンヌ国際バレエコンクールの審査が始まった。新型コロナウイルス感染症防止対策により、今年はオンラインでビデオ動画を審査するeコンクールとなった。どのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。

おすすめの記事

フレデリック・ビエリICRC代表が朝鮮戦争開戦時に見たもの

このコンテンツは 2020/08/15 1950年6月に勃発した朝鮮戦争は未だに終戦に至っておらず、南北の分断は続き、冷戦以降も超大国を軸とした国際的な緊張は途切れることがない。ジュネーブにある赤十字国際委員会(ICRC)のアーカイブ資料からは、70年前の朝鮮戦争の状況を韓国のICRC代表だったフレデリック・ビエリの見解で辿ることが...

おすすめの記事

ILOグローバルサミット開催 労働者の社会的保護を

このコンテンツは 2020/07/08 新型コロナウイルスの世界的な大流行による雇用情勢の悪化で、不当な解雇や雇止め、就労は男女に不平等が見られ、さらなる企業のデジタル化やテレワーク導入といった新しい働き方のための国際的な取り決めの欠如などが浮き彫りになった。国際労働機関(ILO、本部・ジュネーブ)はグローバルサミットを開催し、加盟...

おすすめの記事

「災害リスクの考え方を包括的に」 国連防災担当の水鳥氏

このコンテンツは 2020/03/11 東日本大震災が起きて9年。この大災害から得た教訓を「仙台防災枠組み」に活かして防災・減災のための国家の対応力向上を呼びかけ、大惨事の記憶を風化させないように努める国連防災機関(UNDRR)トップである国連事務総長特別代表水鳥真美氏に防災対策の現状や問題点を聞いた。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。