Navigation

ゴダール映画のモチーフ スイス人映画批評家フレディ・ビュアシュさん死去

フレディ・ビュアシュさん。2008年撮影 Keystone / Dominic Favre

ジャン・リュック・ゴダール監督・脚本の短編映画「フレディ・ビュアシュへの手紙」のタイトルに登場したスイス人映画批評家フレディ・ビュアシュさんが28日、死去した。94歳だった。

このコンテンツは 2019/05/31 11:18
Keystone-SDA/sm

映画関連のアーカイブを目的とした私立基金「シネマテーク・スイス他のサイトへ」(本部・ローザンヌ)の共同創設者で、1951~96年まで同館長を務めた。1966~1972年までロカルノ映画祭他のサイトへの共同ディレクターを務め98年にはその功績をたたえられ同映画祭で名誉豹賞を受賞。73年にはベルリン国際映画祭の審査員他のサイトへを務めた。

ビュアシュさんは、スイス映画に関する数多くの著書を書いた。シネマテーク・スイスはツイッターでビュアシュさんの死去を公表。「映画界の偉大な人物、そしてシネマテーク・スイスの魂。半世紀近くシネマテーク・スイスの館長を務めた彼が5月28日、安らかな死を迎えた」とつづった。

外部リンクへ移動

ビュアシュさんは1924年12月29日生まれ。映画をこよなく愛し、「ヌーヴェル・ルヴュ・ド・ローザンヌ」誌(1952~59年)で批評家活動を始め、その後は地元紙のトリビューン・ド・ローザンヌ(現ル・マタン)で才筆をふるった。

ビュアシュさんはスイス映画界に多大な功績を残した。国外でも作家、詩人、美術評論家、作家、出版者、プログラマー、教師のほか、新しいスイス映画や文化遺産保護に尽力した人物として名を残している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。