Navigation

「タリバンは単なる悪者ではない」

アフガニスタンの首都カブールで通りを行くアフガン人の家族。2021年8月撮影 Copyright 2021 The Associated Press. All Rights Reserved.

「この20年で(イスラム主義勢力の)タリバンも変わった」とスイスとアフガニスタンの二重国籍を持つラミア・アブドゥル・ワキルさんは考えている。ワキルさんによると、アフガニスタンに対する欧米の見方は偏っているという。

このコンテンツは 2021/09/01 08:30

本文:ラミア・アブドゥル・ワキルさんはアフガニスタンの社会主義者の家庭に生まれた。ムジャヒディン(イスラム聖戦士)が1992年に政権を掌握した時に、元外交官でアフガニスタンの大物政治家だったワキルさんの父親、兄弟、姉妹と共に祖国を離れ、スイスに避難する。ワキルさんはティーンエージャーだった。

スイスの主にジュネーブで10年暮らした後、ワキルさんはスイスに帰化し、スイス国籍を取得した。

ラミア・アブドゥル・ワキル

ラミア・アブドゥル・ワキルさんは現在、アース・フォーカス財団他のサイトへでコンサルタントを務めている。開発、人権、ジェンダーに関わる権利の分野で豊富な経験を持つ。また、スイス国内外の市民団体や政府機関で活動してきた。ジュネーブ外交・国際関係大学他のサイトへ(GSD)で学士号を、英国の通信制大学オープン・ユニバーシティ他のサイトへで紛争・開発管理の修士号を取得した。

End of insertion

ワキルさんは2013年、女性解放に取り組む非政府組織(NGO)のスタッフとして祖国に戻る機会を得た。1年後、スイスの国際協力事業を管轄する連邦外務省開発協力局(SDC)に入る。同局に2年勤務した後、アフガニスタンの首都カブールのカナダ大使館で1年間働く。17年に家庭の事情でスイスに戻ってきた。

swissinfo.ch:ワキルさんが数年前に再びカブールで暮らした時、街の様子はどうでしたか。

ラミア・アブドゥル・ワキル:治安は不安定で、かなり定期的に爆弾テロが起きていました。それでもカブールは、戦争状態にあった他の地域に比べれば、まだ安全です。私は13年に出身国へ戻る時、何が待ち受けているかを分かっていました。01~13年の間に4度、アフガニスタンに行ったので、実情を知っていました。安全上の理由と、私の家族の政治的な過去が現地で知られていたことから、あまり外出しませんでした。

ラミア・アブドゥル・ワキルさん。ジュネーブ在住のアフガン系スイス人だ MÀD

swissinfo.ch:カブールには馴染めましたか。

ワキル:二重国籍の私はなかなか受け入れてもらえませんでした。しかし、両国を知る私だからこそ橋渡しをすることができました。二重国籍であることが結局有利に働きました。そのうえ、アフガン人の考え方は1つではありません。多様です。ですから、安全のためにも、絶えず現地の実態に順応することが大切です。もちろん女性だからこその難しさもあります。

swissinfo.ch:アフガニスタンの女性は米軍が駐留していた過去20年間で一定の権利を得ました。しかし、今後タリバン政権の下で、それらの権利を再び失う恐れがあります。ワキルさんは懸念していますか。

ワキル:女性の状況は治安や経済と表裏一体だと思います。今はジェンダーの問題に取り組むべき時ではありません。人々は厳しい貧困の中で暮らしています。当面は食糧、住居、医療といった基本的なニーズへの対応に注力すべきです。

アフガニスタンの女性は強いです。長年の苦難の中でそのことを証明してきました。女性の利益を守るために戦い続けるでしょう。他方、都市部に住んでいた女性たちは欧米諸国が導入したシステムの恩恵を享受できました。もはや後戻りはしないでしょう。

アフガニスタン支援のための募金活動

スイスの募金と人道的連帯のプラットフォーム「幸福の鎖」は、アフガニスタンの危機による悪影響を緩和しようと寄付を募っている。

寄付金は、「アフガニスタン」と明記の上、オンライン(www.bonheur.ch他のサイトへ)で、あるいはインターネットバンキング(IBANコード:CH82 0900 0000 1001 5000 6)で送金できる。

swissinfo.chも所属するスイス公共放送協会(SRG SSR)は幸福の鎖を支援している。幸福の鎖はメディアや民間企業とも連携している。

End of insertion

swissinfo.ch:では、都市部の女性以外の人々も、ある程度の経済的、政治的、教育的自由を享受したのでしょうか。

ワキル:私はカブールで過ごした4年間で、あらゆる社会層の人々に接しました。その中で中産階級が国際社会やNGOがもたらした相対的な安全や経済的機会の恩恵を最も多く受けたと思います。中産階級の人々は、一定の権利や自由と経済的利益を得ました。しかし、農村部に住むアフガン人の大部分を占める貧困層は恩恵を受けませんでした。それどころか、より一層貧しくなりました。

国際金融機関が資金提供を停止し、米国がアフガン政府の外貨準備金を凍結したことで、支援に依存した現在の経済システムが崩壊しようとしています。国民によって発展することができず、人為的に作られた経済、政治、軍事の構造は、外国の支援が無くなった途端に失敗する運命にあることがはっきりと表れていると思います。

中産階級が今、政治的権利を心配するのは理解できますが、一部の人々の問題です。

民族や宗教を問わず、アフガン人の圧倒的多数がたった1つのことを要求しています。安全と40年にわたる紛争の終結です!

swissinfo.ch:タリバンはどうでしょうか。

ワキル:20年の間に、アフガニスタンのすべての人が変わりました。それはタリバンも同じです。タリバンは01年以前と同じようには行動できないでしょう。なぜなら、自由を味わった人々が抵抗するからです。変化はアフガン人自身によってもたらさなければなりません。アフガン人のために、アフガン人が統治する国家の建設には時間が掛かります。アフガニスタンはまず先行きの不透明な時代を経験するでしょう。

今は歴史の流れに身を任せるべきだと思います。民主主義は1日にして成るものではありません。アフガニスタンでは、歴史の流れが相次ぐ占領によって中断され続けてきました。そして、占領は何のプラスももたらしませんでした。

swissinfo.ch:自由を制限しない、欧米諸国の軍隊に協力した人々を訴追しない、と話すタリバンは信用できると思いますか。

ワキル:今のところ何とも言えません。指導者層の発言と地方の現場で起きていることは区別しなければなりません。タリバンは本物の軍隊のようには統制されていません。制度化され、組織化されたシステムではありません。ですから、すぐに発表と事実との整合性を期待するべきではありません。

しかし、タリバンは国際社会による承認を必要としています。アフガニスタンは経済的に自立していないからです。ですから、タリバンは一定の条件を尊重しなければならないでしょう。

タリバンの人々も長年の戦争で心に傷を負い、疲れ切っています。私はカブールにいた時、タリバンの視点を理解することが重要だと気づきました。農村部では、タリバン戦闘員は侵略者から自分たちの国を守っているだけです。タリバンにとっては神聖な大義に関わることです。紛争の根本的な原因を理解するためには、戦闘員に善人あるいは悪人のレッテルを貼るのではなく、タリバンの目から見た歴史を分析し、文脈に当てはめる必要があります。タリバンは単なる悪者ではありません。うわべの先を見る必要があります。不満の種はどちらの側にもあります。

(仏語からの翻訳・江藤真理)

このストーリーで紹介した記事

この記事にコメントする

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。