Navigation

#LocarnoCloseup

金豹賞はインドネシアのエドウィン監督に ロカルノ映画祭

「Vengeance is Mine, All Others Pay Cash(仮題:復讐は私の物、その他は全て現金払い)」のワンシーン Locarno Film Festival

第74回ロカルノ国際映画祭の最優秀賞(金豹賞)は、インドネシアのエドウィン監督の「Vengeance is Mine, All Others Pay Cash他のサイトへ」に贈られた。

このコンテンツは 2021/08/16 14:27
swissinfo.ch/mga

エカ・クルニアワンの同名の小説を映画化した作品で、インドネシアとシンガポール、ドイツの共同制作。

外部リンクへ移動

生涯功労賞はイタリアのダリオ・アルジェント監督に贈られた。1970~80年代を中心にホラー映画の制作に携わり、「ホラーの巨匠」と呼ばれている。

最優秀監督賞は「Zeros and Ones他のサイトへ」のアべル・フェラーラ監督(米国)に贈られた。最優秀女優賞は「Gerda他のサイトへ」(ロシア)に出演したアナスタシヤ・クラソフスカヤが、最優秀男優賞は「The Odd-Job Men他のサイトへ」(スペイン)のモハメド・メラーリとバレーロ・エスコラーが受賞した。

特別審査員賞はチュウ・ジョンジョン監督「A New Old Play他のサイトへ」(香港/フランス)に贈られた。

このほか、今年新設されたキッズ賞には細田守監督「竜とそばかすの姫他のサイトへ」が選ばれた。

2年ぶりの開催

新型コロナウイルスの流行で昨年はバーチャル開催だったロカルノ映画祭だが、今年は2年ぶりに対面・有観客で開催された。11日間で209本の映画が延べ310回上映された。

訪れた観客はコロナ前の2019年よりやや少ない7万8600人だった。だがオンラインの観賞者は186カ国の29万人と、19年に比べ倍増した。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。