Navigation

職業訓練制度

Keystone / Gaetan Bally

スイスでは、前期中等教育(日本の中学校に相当)の義務教育(3年間)を終えた子供たちは重要な選択を迫られる。後期中等教育(日本の高等学校に相当)に進むにあたって、職業教育・訓練(英語でVocational education and training, VET)コースに入るか、成績が良ければフランス語で「コレージュ」、ドイツ語で「ギムナジウム」、イタリア語で「コレッジョ」と呼ばれる、大学進学を前提とした高校に進むかだ。

このコンテンツは 2018/03/03 12:00

この年齢集団の学生の3分の2以上が職業訓練コースに進む。約300種の職業訓練プログラムがあり、そこから選ぶ。スイスでは義務教育修了者のほぼ全員が後期中等教育に進む。

職業教育・訓練プログラムの大半は、職業専門学校での授業と受け入れ企業での実習を組み合わせたもの。1週間単位で見ると、日数の内訳は職場実習の方が多い。この制度によって若者たちは需要のある専門スキルを身につけ、雇用市場への道を開く。

しかし、3年または4年で職業訓練が完了したら、教育もそこで終わりとは限らない。

後期中等教育(この場合は職業教育・訓練コース)を終えた時点で、引き続いて高等専門教育をすぐに開始するか、もっと後で受けるかを選ぶことができる。高等専門教育では職業人としてさらなるスキルを身につけ、高度技術職や管理職に就く準備をすることができる。これには約400の国家試験と、高等教育機関での50以上の学習プログラムが含まれる。

前期中等教育を16歳で修了した時点で、職業訓練か大学進学を前提とした高校かを決められない場合は 、10年生としてもう1年学校に残るか 、職業教育・訓練コースに入るための準備コースまたはスクールへ行くかを選べる。

職業・専門訓練についての詳細は、スイス連邦教育研究革新庁(SERI)のウェブサイト他のサイトへを参照(英/独/仏/伊語)。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。