Navigation

第74回ロカルノ国際映画祭が開幕へ

第74回ロカルノ国際映画祭が4日、新型コロナウイルスの流行により1年遅れて開幕する。感染対策を徹底し、パンデミック(世界的流行)以来スイスで初めて観客を入れて開催される映画祭となる。

このコンテンツは 2021/08/02 14:00

入国制限の関係で、2019年の前回に比べると参加者は3割少ない見込みだ。ピアッツァ・グランデに設置される恒例の野外スクリーンも復活するが、観賞できるのはワクチンを接種済みの観客に限られる。席数も最大定員の3分の2におさえられ、映画祭の関係者パス所持者ですら観賞には予約が必要だ。

今回はリリ・アンスタン氏の後継者、ジオナ・ナザロ新芸術監督の初舞台となる。プログラムにはアクション映画を専門とするナザロ氏が采配を振るった跡が色濃く表れている。「ターミネーター」(1984年)、「ロボコップ」(1987年)、「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997年)といったクラシック作品からオープニングを飾る最新のイタリア映画「ベケット」(フェルディナンド・シト・フィロマリーノ監督、2021年)といった顔ぶれだ。

この他にも、アルベルト・ラットゥアーダ(聞いたことがない?心配ご無用、忘れられた巨匠だが、彼無しではフェデリコ・フェリーニをはじめとする多くの作品が知られずにいただろう)の回顧展、香港から南米まで世界各地の作品、そして何と言っても有名なゲストたちも見逃がせない。ジョン・ランディス(『ブルース・ブラザーズ』『トワイライト・ゾーン』)、アベル・フェラーラ、レティシア・カスタの肉声を、swissinfo.chが映画祭の現場からレポートする。

swissinfo.chのインスタグラム他のサイトへフェイスブック他のサイトへアカウント、そして特集ページをチェック!

(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。