Navigation

ミニケーブルカー存続危機をどう救う?

※ スマートフォンで映像の字幕が表示されない場合は、横画面でご覧ください。

スイスには数百台のミニケーブルカーが存在するが、その半分は存続の危機に直面しているのが現状だ。山岳地帯に住む人々の暮らしに欠かせないこれらのケーブルカーを存続させるべく、エンジニアでケーブルカー専門家のレト・カナーレさんが問題解決に取り組んでいる。(SRF/swissinfo.ch)

このコンテンツは 2017/05/13 09:30

(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。