Navigation

学校のマスク着用義務、各州で温度差 批判も

マスク姿で校内に入る生徒 Keystone / Laurent Gillieron

スイスの11の州で10日、新学年がスタートした。国内では高等学校でのマスク着用を義務付ける州もあるが、こうした新型コロナウイルス感染予防措置は州で温度差がある。

このコンテンツは 2020/08/10 10:31
Keystone-SDA/SRF/swissinfo.ch

新学期開始を前に、複数の州が7日、相次いでコロナ感染予防措置を発表した。その多くが、1.5メートルのソーシャルディスタンシング(社会的距離)が保てない場合、高等学校・職業訓練校で学ぶ生徒にマスク着用を義務付ける、というものだ。

スイスでは夏休み明けに新学年がスタートする。新学期開始日は州によって異なる。連邦制のこの国では教育は州の管轄。コロナ対策も州の管轄だ。

5月11日のロックダウン第2弾緩和で、小中学校など義務教育機関の休校が解除された。高等教育課程は厳しい感染予防措置の下、6月8日に再開。多くの学校は夏休みまで、少人数の対面授業とリモート学習を組み合わせた手法を取った。

マスク義務

フランス語・イタリア語圏の公教育州間会議は7日、域内統一の計画を発表。衛生対策が守られれば高校での対面授業を全面再開しても良いとした。1.5メートルのソーシャルディスタンシングを維持できない場合は、年長の生徒と教職員はマスクを着用する。

これまで統一の措置を求めていたフランス語圏の教職員組合(SER)は、同会議の発表を歓迎した。

ジュネーブ、ヴォー、ヴァレー(ヴァリス)州も7日、それぞれ方針を発表。ベルン州もそれに続いた。ドイツ語圏の州では、ルツェルン(最も厳しい措置をいち早く発表)、アールガウ、シャフハウゼン、バーゼル・ラントの各州で、1.5メートルのソーシャルディスタンシング(アールガウ州では教室内の2.25平方メートルに生徒1人)が取れない場合、15歳以上の生徒にマスク着用を義務付ける。

義務化しない州も

ただ高等学校でのマスク着用を義務付けない州も。スイスの通信社Keystone-SDAによると、チューリヒ、バーゼル・シュタット、ザンクト・ガレン、グラウビュンデン、トゥールガウ、ツーク、オプヴァルデン、シュヴィーツ、ソロトゥルン、ウーリ、アッペンツェル・アウサーローデンなどの州では、そうした計画はない。

ただバーゼル・シュタット、グラウビュンデンなど一部の州では、1.5メートルの距離を保つことが難しい実験室での授業中にマスク着用を勧める。

義務教育課程の小中学校は、今のところ義務付けられていない。

批判

州によってアプローチが異なるのに対し、現場の教師らからは批判が挙がる。ドイツ語圏のスイス教職員連盟(LCH)のダグマー・レスラー代表は、マスク着用義務に大きな支持が集まっていると感じたと話す。同氏はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)に、教室内でソーシャルディスタンシングを強いることは難しいと指摘。教室が満員の場合、マスクは感染不安の緩和に役立つと語った。

スイス・バカロレア学校教員協会のルシウス・ハルトマン会長も、授業に影響が出たとしても、高等教育課程でのマスク義務化は賛成という。同氏はSRFに「コミュニケーションが難しくなり、マスクを7時間も着けることで集中力は低下するかもしれない」としたが、クラスの感染不安を取り除けるメリットが上回ると述べた。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。