Navigation

ワクチン効かない変異株の出現「避けられない」 スイス研究者

スイスの人口の半分強が新型コロナウイルスのワクチンを2回接種済みだ Keystone / Christian Merz

スイスの連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の研究者は、新型コロナウイルスがさらに変異し、感染力が強くワクチンも効かない変異株が出現すると警告する。

このコンテンツは 2021/08/24 11:56
Keystone-SDA/SonntagsBlick/sb

バーゼルにあるETHZ生物システム科学工学部のサイ・レディ他のサイトへ准教授(免疫学)は大衆紙ブリック紙日曜版他のサイトへに「ワクチンに頼れなくなる新しい変異株が出てくる可能性が非常に高い」と語った。そうした変異株は間違いなくいずれスイスにも入り込むとの見方を示した。

「そのため今後数年間は新しい変異株に対応し続けるため、複数のワクチンを準備しなければならない」

レディ氏は南アフリカで最初に発見されたベータ株やブラジルのガンマ株は突然変異により抗体を部分的に回避できると指摘。一方、インドのデルタ株は伝染力がはるかに高いものの、そうした突然変異は生じていない。

だがそれぞれの特徴が組み合わさることは「避けられない」と指摘。「ベータ株やガンマ株の伝染力が高くなったり、デルタ株が突然変異を起こしたりすれば、パンデミック(世界的流行)は新たな局面を迎える。これは来年の大きな問題になるだろう。COVID-22は現在の状況よりさらに深刻になりうる」と述べた。

感染者の増加

スイスでは6月末以降、新規感染者が増加している。入院患者も増えているが、死亡者は低水準を保っている。ワクチン接種率は人口の5割を超えたばかりだ。

感染が増えたのは主にデルタ株で、ワクチンを接種していない10~29歳の若年層を中心に広がっている。連邦科学タスクフォースを率いるタンヤ・シュタッドラー氏は先週、スイス公共放送(SRF)とのインタビューで「非常に難しい状況にある」と述べた。

前出のレディ氏は、コロナの流行がこの秋から冬にかけて昨秋並みの深刻さになるとの予測を示した。第2波が襲来した昨秋は、1日の感染者数が一時1万人を超えた。

同氏は、「ワクチン接種率が格段に上がらない限り、厳しい制限措置を設けることでしか最悪の事態は防げない」と言う。最新の研究によると、デルタ株はウイルス量が非常に多いため、ワクチン未接種の人がウイルスを保有すると、たくさんの人に感染させる「スーパースプレッダー」になる可能性があることが分かったという。

「12歳未満の子供はワクチンを接種できないため、スーパースプレッダーになる可能性が高い集団だといえる」

またデルタ株にワクチンが効かないケースがあるのは、ウイルス量の多さが背景にあると指摘。「これには抗体を多く持つことで対抗しなければならない。まさに3回目のワクチンが効果的だ」と述べた。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。