Navigation

リンツのイースターバニー、トレードカラーの金色に商標権あり

金色の包装に赤い首輪をまとったリンツのイースターバニー Keystone / Angelika Warmuth

ドイツの裁判所は、スイスのチョコレートメーカー、リンツ&シュプリュングリが人気商品のイースターチョコレート「ゴールドバニー」に使用している包み紙の色は商標で保護されているとの結論を下した。

このコンテンツは 2021/07/29 14:12
AP/swissinfo.ch/dos

ドイツ連邦裁判所(最高裁)は先月29日、リンツとドイツの会社ハイレマンとの訴訟に決着をつけた。ハイレマンは2018年に金色のホイルで包んだうさぎ型のチョコレートを販売。リンツはホイルの色の使用は商標で保護されていると訴え、商標権侵害だとしてハイレマンに販売の差し止めを求めた。

ミュンヘンの地方裁判所は昨年、リンツの訴えを棄却。だが連邦裁は、リンツの調査で回答者の7割が製品と包装の色を結び付けて認識していたという結果を根拠に、世間の認知により商標が確立しているとの判決を下した。

連邦裁は、リンツが全製品または製品の大部分に金色を使用しているわけではないことや、うさぎが赤い首輪など他にも際立った特徴を有することは、商標権の確立を妨げないとした。

侵害の有無めぐり続く裁判

ただ最高裁は、商標権があることは認めたが、ハイレマンがそれを侵害したかどうかには判断を下さず、地方裁に差し戻した。他の企業による商標権侵害は、商品が似ているために購入者が混乱する可能性があるかどうかが判断のカギになる。連邦裁は、形状やその他の特徴によって決まると示した。

リンツは1952年からドイツでイースターチョコを販売しており、94年から現在の金色の包装を使っている。判決によると、2017年の市場シェアは40%を超え、ドイツで最も売れているチョコレートのイースターバニーだ。

リンツは過去数十年にわたり、金色のイースターバニーの市場でのステータスを保護しようと努めてきた。オーストリアなどの一部のヨーロッパ諸国では​​商標権が認められたが、欧州連合(EU) レベルでの申請は2012年に却下された。13年には2000年創業のドイツのコンフィセリー・リーゲルンに対する差し止め訴訟を起こしたが、敗訴した。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。