Navigation

議論しましょう!
スイスの政治
大野瑠衣子, イニシャル:ro

人が身に着けるものの是非を国が決めても良い?

2021年3月7日の国民投票で、顔を覆うベールの公共の場での着用禁止案が可決されました。同案はムスリム女性の身に着けるブルカ、ニカブを狙い撃ちする内容で、国内ではごく一部の人にしか直接的に影響しないものの、投票前は激しい議論を巻き起こしました。

皆さんは、人が身に着けるものの是非を国が法律で定めることについてどう思いますか?

国民投票前までに、以下のような議論がありました。

>>反対派「ブルカイニシアチブは火に油を注ぐだけ」

>>賛成派「ブルカイニシアチブは女性の尊厳を守る」


swissinfo.chの「議論しましょう!」ページは、言語や文化を超えて議論できる場になっています。あなたの投稿はDeepLを使って各言語に自動翻訳されます。

この記事にコメントする

異なる文化の人と議論しましょう。この議論はSWIによって様々な言語で世界で行われています。投稿文は自動翻訳されます。
共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。