Navigation

スイスのスキー場 最もお得な価格で長い距離を滑れるのはどこ?

スイスとフランスとの国境にまたがる広大なスキーリゾート、ポルト・デュ・ソレイユ。バラエティーに富んだコースを求めるスキーヤーにお買い得なリフト券を提供している © KEYSTONE / JEAN-CHRISTOPHE BOTT

スイスアルプスで、最もお得な料金で最も長いコースを滑れるスキー場はどこ?スイスインフォが各スキー場の料金と滑走距離を分析したところ、マッターホルンのお膝元のツェルマットなどは料金が割高だが、それにはわけがあることを突き止めた。

このコンテンツは 2018/01/11 10:38

国外のスキー客も多いツェルマット他のサイトへのスキー場では、1日リフト券の料金が79フラン(約9100円)。下記のグラフを見ると、この料金に匹敵するスキー場はごくわずかだ。スイス南東部のグラウビュンデン州にあるツォーツ他のサイトへのスキー場だと1日券は56フラン。ただ、ツェルマットでは追加料金13フランを払えば360キロのコースを利用できるが、ツォーツは15キロだ。

グラフの左下には1日20~40フランで滑れるスキー場が並ぶが、大半が標高1500メートル未満に位置し、常に積雪が十分とはいえない。

また、標高が最も低い地域のスキー場は営業日がまちまち。もっぱら地元住民向けの施設で、インフラや宿泊施設も整っていない。

データは欧米諸国のスキー場149カ所の積雪情報などを常時更新するウェブサイト「オン・ザ・スノー他のサイトへ」を元にした。下記のグラフから、1日リフト券の価格とスキー場の標高との間に密接な相関関係があることが分かる。

外部リンクへ移動

標高が上がるほど、1日リフト券の価格は高くなる。だが、標高が上がれば雪質が良くなるだけでなく、バラエティーに富んだ距離の長いコースに恵まれる機会が増える。

では、最もお得な料金で一番長いコースを利用できるスキー場は?例えばスイスとフランスとの国境にまたがるスキー場ポルト・デュ・ソレイユ他のサイトへは、61フランの1日リフト券を買えば650キロのコースが利用できる。1フランで約11キロのコースを滑れる計算だ。

一方、グラフの反対側にあるグラウビュンデン州のラ・プント他のサイトへの1日リフト券は提携ホテルに宿泊すると38フラン。ポルト・デュ・ソレイユのほぼ半額だが、リフトは一つだけでコースは1キロ。1フラン当たりの滑走距離は30メートルしかない。

選択肢が多いのはもちろん嬉しいが、何百キロもの距離をたった1日で滑り切るのは無理がある。休暇でスイスに来るスキーヤーは、2日券や7日券の購入、あるいは地域内の複数のスキー場が利用できるリフト券を勧められることだろう。

(英語からの翻訳・江藤真理)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。