Navigation

チューリヒ金融街で気候デモ

2日朝、デモが始まって2時間後には警察が出動した Keystone / Ennio Leanza

約200人の環境活動家がUBSやクレディ・スイスの本社があるチューリヒのパラーデ広場を占拠している。銀行による化石燃料プロジェクトへの投融資が気候変動を悪化させているとの訴えだ。

このコンテンツは 2021/08/06 09:24
Keystone-SDA/dos

活動家は2日朝以降、パラーデ広場をドラム缶や自身の体を使って封鎖している。占拠が始まって間もなく警察が出動し、活動家を1人ずつ追い出した。同日昼には約30人を一時的に留置したという。

占拠は「気候のために立ち上がれ」を合言葉に、気候ストライキ・スイスやエクスティンクション・レベリオンなど複数の環境団体が結束。環境に負荷を与えるプロジェクトに投融資する金融機関を批判する。

スイス国立銀行(中央銀行)や民間銀行は石油や石炭、天然ガスを採掘・使用するプロジェクトに数十億フランを投じている。そのために世界は気候変動で死にかけている――活動グループは声明でこう主張した。

それらの投融資がなくなれば、国際的な気候目標をなんとか達成できる見込みがあるとする。

UBSは2日、デモへの応答として気候保護は同行の「最優先事項」であり、「2050年までに温室効果ガスの排出を事業全体で差し引きゼロにする。科学に基づいた暫定目標を2025年、30年、35年に置いている」と説明した。

Keystone / Ennio Leanza

中銀にも訴え

2日のデモは環境団体「Rise up for Change(変化のために立ち上がれ)」が組織した1週間にわたる活動の一部だ。現在、数百人の活動家がチューリヒに急設された(公式に認可を受けている)キャンプに集まっている。6日午後にはベルンの中央銀行前でデモ活動を行う予定だ。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。