Navigation

学校のカリキュラムにスキーの日 ヴァレー州

ヴァレー州でスキーを楽しむ人たち Keystone / Jean-christophe Bott

ドイツ語圏の日曜紙NZZ・アム・ゾンタークによると、スイス南部ヴァレー(ヴァリス)他のサイトへ州の学校で、スキーがカリキュラムに組み込まれることになりそうだ。年間3日の「スノースポーツの日」を設けるという。

このコンテンツは 2020/01/21 08:08
NZZ am Sonntag/swissinfo.ch/ilj

同紙によると、クリストフ・ダルブレ他のサイトへ州教育相が同計画を発表した。連邦制のスイスでは、教育は各州の管轄。

ダルブレ氏は「ウィンタースポーツには未来があると確信している」と語った。「だがこれが機能するためには、若い人たちがスキーに戻ってくるようにしなければいけない。学校を通して推進する方法以上に最適なやり方はない」

「雪の日」

事業費は270万フラン(2億9700万円)で、州政府と州議会が承認済みという。2020/21年の新年度から始める。

3年生(8歳)以上が対象。スノースポーツの日は、体育館ではなく、スキー場でウィンタースポーツをする。この事業に参画した学校では必修化される。ダルベレ氏は、同事業は学校にとって非常に魅力的であり、ほとんどの学校が参加するだろうと述べた。

この事業に関し、地元スキー場はリフト券料金、スキースクールやレンタルショップの利用料などが割引される。ダルブレ氏は、州への経済効果も期待できるといい、NZZ・アム・ゾンタークによれば「山岳部の州では最もスキーの日が多い」という。

「ユニーク」

学校でのスノースポーツを推進するスノースポーツ・イニシアチブ・スイス他のサイトへのオレ・ラウフさんは、ダルブレ氏の計画を歓迎。NZZ・アム・ゾンタ―クに「これはスイスにとってユニークな試み」と語った。

スノースポーツや学校行事の伝統・スキー合宿を奨励する動きが最近増えている。

背景にあるのは、子供や学校でスキー、スノーボード離れが起きているという懸念だ。有料の学校活動に関し、学校が合宿費用を親に請求することはできないとする連邦裁判決が出たことも物議をかもした。しかし、多くの学校ではスキー合宿を伝統として守り続けている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。