Navigation

スイスで初の小児性愛セラピーセンター開設

小児性愛セラピーセンターの目的は、小児性愛者にカウンセリングを施し性犯罪を未然に防ぐことだ Keystone / Sascha Steinbach

チューリヒ州は4日、小児性愛者による性犯罪防止を目的としたスイス初の無料セラピーセンターを開設すると発表した。

このコンテンツは 2021/06/07 15:26
swissinfo.ch/mga

チューリヒ大学病院の法医学・精神医学クリニックが同センターの設置を担当する。25万フラン(約3千万円)の資金援助を受け、まずは3年間、試験的に運営する。

同州の保険局長を務めるナタリー・リクリ氏はセンターの開設に関し「子供たちをしっかりと保護し、小児性愛の傾向を持つ人々が加害者になるのを防ぎたい」と述べた。

独語圏のスイス公共放送SRFによると他のサイトへ、スイス国内で小児性愛の傾向を持つ人は推定3万人で、その約半数はチューリヒ州の圏内にいるという。

同センターのプロジェクトは、15年前に開設した独ベルリンのセラピーセンターをモデルにしている。治療に参加した人が性犯罪の加害者になる割合を2%に抑える効果が期待できるという。

スイス政府は昨秋、各州に対し、小児性愛者の犯罪防止を目的とした取り組みの立案を求めた。チューリヒのセラピーセンターは民間と協力して、この問題に取り組むセラピストのネットワーク形成を目指す。

スイスの児童保護機関は昨年、小児性愛の問題を各州に任せるのではなく、より協調した国家戦略をとるべきだと訴えた。

同機関のレグラ・ベルンハルト・フグ報道官はSRFに対し「近隣諸国は協力体制を強化しているが、ここ(スイス)ではますます州に委ねられている」とし、「これは国際的な現象。国家的な戦略が必要だ」と語った。

スイスの有権者は2014年、子供への性的虐待で有罪判決を受けた人が再度、子供と関わる仕事に就くことを生涯禁止するイニシアチブを可決している。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。