Navigation

スイス人の生活を直撃したコロナ危機③

新型コロナウイルスに伴うロックダウンは、ルツェルンにある企業テルモプランにも暗い影を落とした。

このコンテンツは 2020/06/25 06:00
スイス公共放送(SRF)

スターバックスやネスプレッソなど有名ブランドのコーヒーマシンを製造するテルモプラン。会社に向かうアドリアン・シュタイナー最高経営責任者(CEO)の表情は暗い。下請け業者からの部品の供給が途絶え、生産ラインに大きな影響が出たからだ。企業の売り上げを維持しながら、従業員400人の健康も守らなければならない。

映像特集「スイス人の生活を直撃したコロナ危機」

2020年4月23日にドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)で放送されたドキュメンタリー番組「DOK」の計1時間38分の映像を、1回10分程度に分け、日本語字幕付きで順次オンライン配信します。この番組はスイス政府が非常事態を宣言した直後から、レストランや美容院の店主、病院のスタッフ、企業人に密着。市井の人たちがこの事態にどう向き合ったかを追いました。配信は日本語編集部のFacebook他のサイトへTwitter他のサイトへでお知らせします。

End of insertion

ロックダウンがいつまで続くのか見通しが立たない中、社長の肩には重責がのしかかる。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。