Navigation

アルプス生活

美しいスイスアルプスでも、生物多様性は危ない?

増え続ける人類が求めるものは、しばしば自然の需要と衝突する。これは、スイスで定期的に政治的な議論を引き起こしている。

このコンテンツは 2021/06/06 06:00
Luigi Olivadoti (illustration)

スイスでは230種類の生息環境のほぼ半分、特に湿原、農地、淡水の生態系が脅かされている。これら生息空間の抱える問題が野生生物へのプレッシャーとなり、国内4万5千種の動植物の約3分の1が脅かされている。もう1つの問題は、動植物が病気に抵抗し、また気候変動に適応するのに必要な遺伝的多様性が失われることだ。

連邦環境局は最近の報告書の中で、生物多様性は「食物を生産し、気候を調整し、空気と水の質を保ち、土壌形成に関わり、人間にレクリエーションの場とインスピレーションの源を提供する」ため、不可欠であると指摘した。

確かに、新鮮なリンゴをかじるのは、収穫期の楽しみの1つだろう。だが、花粉の媒介者が不足すれば、リンゴやその他の果物の収穫量が減る。皮肉なことに、単一栽培、除草剤、殺虫剤が生産に関わると、人々に食物を提供するという努力自体が問題の一部になりかねない。輸入動物飼料を数に含めると、国内5万の小規模農家の生産量は、国全体の食料需要の約半分にしかならない。

同時に、羊を飼っている山岳農家の多くは、オオカミやオオヤマネコのような捕食者の駆除を望んでいる。オオカミやオオヤマネコは、19世紀と20世紀初頭、国内では局所的な絶滅に追いやられた。オオヤマネコの個体数を増やす政府の取り組みは成功し、現在は約250頭が生息する。オオカミは約80頭が国内で暮らしている。

スイスでは、生物多様性を高めるための活動が定期的に行われている。最近では、連邦議会が可決した改正狩猟法に対し、環境保護団体が法律に反対するレファレンダムを提起し、国民投票に持ち込んだ。改正狩猟法はオオカミやその他の保護対象種の駆除に関する規制を緩和する内容で、2020年9月の国民投票で否決された

今後予定されている国民投票では、憲法改正を含む2つのイニシアチブ(国民発議)の是非が問われる。1つは生物多様性の保護に特化したもので、もう1つは市街地の拡大防止を求めている。

これらのイニシアチブを提起したプロ・ナトゥーラ、バードライフ・スイス、スイス景観保護開発財団などの自然保護団体は2020年9月、イニシアチブ成立と国民投票に必要な署名を集めて政府に提出。「多様な景観、活気に満ちた小川、肥沃な土壌、豊かな建築物。スイスを象徴するものの多くは、大きなプレッシャーにさらされてきた。それにもかかわらず、政治家や当局は、将来に向けてこの富と私たちの生活を守るためにほとんど何もしていない」と批判している。

しかし、多種多様な種を持つことにはデメリットもある。外来種は時として、生活空間や食物の奪い合いを引き起こし、地域固有の動植物にとって脅威となりえる。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。