Navigation

スイスのハードル選手、五輪直前に出場停止 ドーピングで

2012年スイス陸上選手権に出場したカリーム・フセイン選手 Keystone / Urs Flueeler

東京五輪に出場予定だったスイス陸上(ハードル走)のカリーム・フセイン選手は、反ドーピング規定違反で、五輪開催を目前に出場禁止が決まった。

このコンテンツは 2021/07/23 13:41
swissinfo.ch/mga

スイス陸上競技連盟(スイスアスレチックス)が23日に発表他のサイトへした。フセイン選手は6月に出場したスイス選手権のドーピング検査で、一般的なトローチ剤に含まれる中枢神経興奮成分のニケタミドとN-エチルニコチンアミドが検出された。7月16日にスイスオリンピックから9カ月の試合出場禁止命令を受けた。

スイスアスレチックスの競技責任者フィリップ・バンディ氏は「スイス陸上競技にとってドーピング防止は非常に重要であり、今回の事例はアスリートに高い責任が求められることを示した」とコメントした。

フセイン選手は32歳で、2014年の欧州選手権400メートルハードルで優勝した経歴がある。低血糖症対策でグリコラミンの入ったトローチ剤を服用していたが、その中に違反物質が含まれていたと知らなかったという。「私は重大な結果を伴う過ちを犯した。申し訳ありません。だが私を知っている人は皆、私が(協議を)続けることを分かっている」と、自身のツイッターに投稿他のサイトへした。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。