Navigation

スイスで激しい雷雨 洪水・地滑りの危険も

首都ベルンでは12時間で45.8ミリの降雨が観測された Keystone / Salvatore Di Nolfi

スイスは12日の晩から13日にかけて全国的に強風・豪雨に見舞われた。倒木などで交通機関が大きく乱れ、高速道路も通行止め区間が相次いだ。

このコンテンツは 2021/07/14 12:07
Keystone-SDA/NZZ/Reuters/jcb

ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)によると、12日夜の最大風速は時速135キロメートルに達した。

スイス西部​​のジュラ山脈から激しい雷雨が全土を横断し、特にチューリヒを暴風雨が直撃。13日午後には南部ティチーノ地方にも広がった。

チューリヒ州警察​​によると、暴風雨やひょうが市内に多くの被害をもたらし、12日夕方以降にチューリヒの救急隊に寄せられた通報は1000件を超える。

ロイター通信によると、暴風雨による倒木や道路の浸水のため、路面電車やバスなどチューリヒの公共交通機関の一部が遅延・運行見合わせとなった。

チューリヒでは倒木や浸水で通れなくなった道路も Keystone / Ennio Leanza

スイス中部では、ウーリ州が南北を縦断するA2高速道路の一部を一時的に閉鎖した。

SRFによると、首都ベルンでは12時間で45.8ミリの雨を観測した。チューリヒ郊外のヴァルデッグ村では、10分間で31.1ミリの雨が降り、2018年8月にローザンヌで記録された41.1ミリの過去最高記録を更新した。

スイス中央部のオプヴァルデン準州にあるアルプナハシュタット Keystone / Urs Flueeler

ベルナーオーバーラント地方のトゥーンでは、最大風速64キロメートルを記録した。ドイツ語圏日刊紙NZZによると、招集された消防隊は過去25年で最多となった。

暴風雨が去った後、連邦環境局(FOEN)はチューリヒ湖、トゥーン湖、ルツェルン湖に対して5段階のうち「レベル4」(危険度が高い)の洪水警報を発令。SRFは、今後数日のうちに、特に湖や川の周辺でさらに雨、洪水、地滑りが発生する可能性があると予測している。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。