Navigation

スイス初のEVスポーツカーが誕生

スイス初のEVスポーツカー「Piëch Mark Zero(ピエヒ・マークゼロ)」 Piëch Automotive

スイス初のEVスポーツカー「Piëch Mark Zero(ピエヒ・マークゼロ)」の全容がついに明らかになった。2人乗りの車で、スイスの企業が開発。世界5大モーターショーの一つと言われる国際自動車見本市ジュネーブモーターショー(7~17日)で公開される。

このコンテンツは 2019/03/04 12:28
swissinfo.ch

開発者のアントン・ピエヒ氏は、独フォルクスワーゲンのフェルディナント・ピエヒ元会長の息子で、曾祖父はポルシェの創設者フェルディナント・ポルシェ氏。ピエヒ氏が二人と一線を画すのは、旧来のガソリン燃料ではなく持続可能な電気自動車に目を付けた点だ。

ピエヒ氏はレア・スターク・ラジシック氏と2016年にピエヒ・オートモーティブ他のサイトへ社を設立。チューリヒとミュンヘンにオフィスを構え、社員約20人が働く。今回のプロジェクトには著名なパートナー企業など約200人が参画した。

充電済みのバッテリー一つで500キロメートルの走行が可能 Piëch Automotive

スイス初のEVスポーツカーは車体の重量1800キロ未満で、充電済みのバッテリー一つで500キロメートルの走行が可能という。

ピエヒ・マークゼロ Piëch Automotive

開発側はこの技術をハイブリットカーや燃料電池車、ガソリン車などあらゆる車に適用できるプラットフォームとして提供したいという。ジュネーブモーターショー発行の雑誌によると、このプラットフォームは外部の開発者や自動車メーカーに提供される予定という。

今回の車体は自律走行を見越したデザインだが、ラジシック氏はドイツの自動車雑誌に対し「(自律走行車は)今後のモデルのために取っておく」と述べるにとどめた。

レア・スターク・ラジシック氏 (左) とアントン・ピエヒ氏 piëch

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。