Navigation

ショートニュース

主要カテゴリ

ホットトピック

おすすめの記事

パンデミック条約締結と資金調達力強化が必要 WHO総会が閉幕

このコンテンツは 2021/06/03 世界保健機関(WHO)の年次総会は31日、感染症のパンデミックへの備えを強化するための国際条約を検討することで合意し、閉会した。ただジュネーブ大学保健分野の専門家フラオー氏は、WHOが予算改革を断行し、将来の感染症対策に適切なリソースを確保することも急務だと指摘する。

実効力のあるパンデミック条約を

このコンテンツは 2021/05/20 多くの死者を出している新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が世界を襲ってから1年以上が経過した。当初は何が起こるのかよく分かっていなかったかもしれない。だがそうだとしても、もっと備えておくべきだった。新たな「パンデミック条約」は、私たちが将来同じ過ちを繰り返すことを防げるだろうか。

スイスのデジタルID拒否、ワクチンパスポートで変わる可能性も

このコンテンツは 2021/03/31 スイスのデジタルID(eID)導入は7日の国民投票で否決された。しかし、国連のエコノミスト、イアン・リチャーズ氏は、ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)を含む文書の電子化を有益だと考える国が増えれば、スイスの有権者の懸念は払拭されるかもしれないと主張する。

おすすめの記事

クレディ・スイス、若手社員に220万円ボーナス支給

このコンテンツは 2021/03/29 スイス第2の銀行大手クレディ・スイスは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う業務量の急増とリモートワークで負担を強いられた社員の士気を維持するため、投資銀行部門の若手社員に2万ドル(約220万円)の「ライフスタイル」手当を支給する。

おすすめの記事

スイス 米J&J製コロナワクチンを一時的に承認

このコンテンツは 2021/03/23 医薬品規制機関スイスメディック(Swissmedic)は22日、米製薬・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルス感染症ワクチンの使用を承認した。国内で承認されたワクチンはこれで3種目。ただスイスは同ワクチンを購入していない。

おすすめの記事

ブルカ着用禁止、ミナレット新設禁止ほどの反響無し

このコンテンツは 2021/03/18 公共の場で顔を覆うベールなどの着用禁止を求めた「ブルカイニシアチブ(国民発議)」が7日、スイスの国民投票で可決され、先週は世界中のメディアから大きな反響があった。全体として事実に基づく論調が多かったが、一部のメディアは今回の決定を「イスラモフォビア(イスラム嫌悪)」と表現して批判した。

おすすめの記事

ロンザと米企業、点鼻スプレー式コロナワクチン製造で提携拡大

このコンテンツは 2021/03/12 スイスのバイオ医薬大手ロンザは、米企業アルティミューン(Altimmune)が開発する点鼻スプレー式新型コロナウイルス感染症ワクチン候補「AdCOVID」の供給に、米テキサス州ヒューストン近郊にある同社工場の専用施設を割り当てると発表した。

おすすめの記事

たばこ規制強化案、スイス下院で審議

このコンテンツは 2021/03/16 たばこに関するスイスの法制度は、国際的に見るとかなりリベラルだ。政府は、世界保健機関(WHO)の基準に足並みをそろえるため、規制強化を目指ざしている。一方で、未成年者と若者をターゲットにした、たばこ製品広告の全面禁止を求めるイニシアチブ(国民発議)も立ち上がった。現在、下院で審議中だ。

おすすめの記事

スイス元エネルギー相「脱原発は女性のおかげ」

このコンテンツは 2021/03/09 2011年3月11日の東日本大震災による福島第一原発の事故当時、ドリス・ロイトハルト氏はスイスのエネルギー相を務めていた。同氏はスイス紙のインタビューで10年前を振り返り、連邦内閣にいた4人の女性は原発の段階的廃止を決めるうえで重要な役割を果たしたと語った。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。