Navigation

コロナの年、記録的な死者数 スイス

連邦統計局によると、スイスは2020年、2つの「死の波」に見舞われた Keystone / Georgios Kefalas

スイスの昨年の死者数は記録的な7万6200人(前年比12.4%増)に上った。平均寿命、出生、結婚、離婚件数はいずれも減少。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は人々のあらゆる生活設計に影響を及ぼした。

このコンテンツは 2021/06/24 14:05
Keystone-SDA/ts

連邦統計局は声明で、スイス(人口860万人)は2つの「死の波」に見舞われたと述べた。パンデミックの第1波が襲った昨年3月~4月の死者は、前年同期より約1700人増加(同14%増)し、第2波に見舞われた同年10月~12月は、約7800人の増加(同45%増)だった。

スイス国籍保有者では、男性が前年比13.7%増、女性が同9.3%の増加。在住外国人では、男性が22.8%増、女性が20.4%増だった。

80歳以上の死者数が前年比15.5%増と、他の年齢層より突出して高かった。

高齢者の死者数増加に伴い、平均寿命も縮小。65歳の男性は、以前は20年の余命が期待できたが、昨年は19.3年に縮まった。65歳の女性では22.7年から22.2年に縮まった。

自然増加数はほぼ半減

出生数から死者数を差し引いた自然増加数は9700人で、前年の1万8400人からほぼ半減した。死者数が増加したこと、出生数が微減したことが影した。

出生数は2013年以来最低の8万5900人。2019年は8万6200人だった。女児の出生数は1%減少。男児は0.3%増加した。

婚姻件数は9.8%減の3万5200件で、法定婚とほぼ同等の権利が得られるパートナーシップの登録件数は3.4%減の651件だった。

離婚も4%減の1万6200件。離婚時の婚姻期間は平均15.6年だった。

このストーリーで紹介した記事

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。