Navigation

10カ国語で意見交換
スイスの職場
大野瑠衣子, イニシャル:ro

あなたは在宅勤務派?それとも出社派?

スイス政府は23日、​在宅勤務を義務から推奨事項へと引き下げました。

スイスの企業が段階的にオフィスへの出社を再開する一方、コロナ禍で定着した在宅勤務の併用を認める動きもあります。

職種によっては在宅勤務ができないため、特別なケースを除いては「不平等」にあたるという考え方もあります。

皆さんはコロナ収束後の働き方として、オフィス出社と在宅勤務のどちらを重視しますか?また、どのような勤務体制が自分にとってベストだと思いますか?

様々なご意見をお待ちしています。

swissinfo.chの「議論しましょう!」ページは、言語や文化を超えて議論できる場になっています。あなたの投稿はDeepLを使って各言語に自動翻訳されます。

この記事にコメントする

異なる文化の人と議論しましょう。この議論はSWIによって様々な言語で世界で行われています。投稿文は自動翻訳されます。
共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。