Navigation

スイスでスパゲッティが大豊作?! 偽映像、誕生の裏側

ティチーノ州でスパゲッティを収穫する女性 BBC

有名なエイプリルフール映像の一つとして知られているスイスでのスパゲッティ収穫。この映像の生みの親の一人、スイス観光局広報部長アルベルト・クンツさんにその誕生の瞬間について話を聞いた。

このコンテンツは 2017/04/01 01:00

1957年4月1日、英国放送協会BBCはエイプリルフールにちなみ、テレビ番組「パノラマ」内で、スイス南部のイタリア語圏ティチーノ州で「スパゲッティが大豊作」と偽の報道を行った。映像では、ルガーノに住む農家が「スパゲッティの木」からスパゲッティを収穫する様子が紹介されている。

外部リンクへ移動

ナレーションを担当したのは、著名アナウンサーのリチャード・ディンブルビー氏。例年に比べて暖冬で、害虫の影響がなかったために今年は大収穫だったと真面目に報道した。

ロンドンのスイス観光局広報部長を務めていた頃のアルベルト・クンツさん(1958年撮影) Albert Kunz 1958

当時、イギリスで800万人がこの映像を見ていたとされており、放送直後には自宅でスパゲッティの木を育てる方法を問い合わせる電話が数百本あったという。視聴者からの問い合わせに対してBBCは「パスタを1本、トマトソースの中に挿し、あとは育ってくれるよう願うだけだ」と答えたそうだ。

この映像は、BBCの映画プロデューサー、チャールズ・デ・イエーガーさんとロンドンのスイス観光局広報部長アルベルト・クンツさんのアイデアで生まれた。エイプリルフール用の映像をスイスで撮影することが決まり、そのアイデアを求めてイエーガーさんがクンツさんを訪ねたのが始まりだった。その日、イタリアンレストランで昼食にスパゲティボロネーゼを注文した2人。「その時に、スパゲッティを収穫する話にしようと思いついた」と、今はスイス・シュヴィーツ州プフェッフィコンで暮らすクンツさん(93歳)は話す。

この映像は今日に至るまで最も有名なエイプリルフール映像の一つとして知られている。また、テレビで最初にエイプリルフール映像を放送したのは同番組だとも言われている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。