Navigation

ホーム

主要カテゴリ

おすすめの記事

中国の食糧安全保障政策、世界の穀物取引に波紋

中国の食糧安全保障政策、世界の穀物取引に波紋

このコンテンツは 2021/05/07 中国最大の食品・農産品会社、中糧集団が、スイス・ジュネーブに拠点を置く同社の貿易部門と中国国内の複数の事業部門を統合し、新会社を設立すると報じられた。これが、4大穀物メジャーが長年支配してきた業界に波紋を呼んでいる。

おすすめの記事

コロナがもたらす科学のジレンマ

このコンテンツは 2021/05/05 新型コロナウイルスのまん延を機に、科学の動向が世界中で注目されるようになった。政策や市民の生活に対し、これほどまでに影響力を持つのはあまり前例がない。だが、欠点もある。危機的な状況下でスピードにこだわるあまり、科学への信頼が損なわれる恐れがある。

おすすめの記事

開発から20年 スイス発の雪上ボディーボード、バックカントリーと国外に活路か

このコンテンツは 2021/02/28 スイス発祥の「エアボード」は20年前、新たなウインタースポーツ用品として輝かしいスタートを切った。だがじわりと浸透を続ける日本とは対照的に、スイスでは今や下火の存在に。それでも開発者は、商機はあると強気だ。

おすすめの記事

フレデリック・ビエリICRC代表が朝鮮戦争開戦時に見たもの

このコンテンツは 2020/08/15 1950年6月に勃発した朝鮮戦争は未だに終戦に至っておらず、南北の分断は続き、冷戦以降も超大国を軸とした国際的な緊張は途切れることがない。ジュネーブにある赤十字国際委員会(ICRC)のアーカイブ資料からは、70年前の朝鮮戦争の状況を韓国のICRC代表だったフレデリック・ビエリの見解で辿ることが...

おすすめの記事

ローザンヌで羽を広げるバレエダンサー

時代の波に乗って観客の眼差しとともに変容してきたバレエ界。イタリアで発祥したバレエは、ロシアやフランスに限らず今や世界中で女の子の習い事として身近になった。世界で活躍するプロを目指しバレエ留学を希望する多くの10代の若手ダンサーは、毎年2月になると、世界各地からスイス西部ローザンヌに集まり、登...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。